サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2014.9.22 [MON]試合結果

首位攻防戦を圧勝で3部リーグ優勝王手!

昨日のProcriarの相手は強豪南葛SCさんでした。キャプテン翼の高橋陽一さんが会長を務め2020年にJ3を目指すクラブであり、驚くほどサポーターが多く、地域に根ざした愛されているチームです。組織の安定感を感じ、特に素晴らしいのは人工芝!こんな会場で練習が出来るなんてとてもうらやましい限りでした。

それでも、Procriarは負けるわけにはいきません。今期の全てをぶつけるつもりでいかなければ勝てません。

Procriarは自分たちのサッカーを出しきり、30名を超える応援の力に後押ししてもらい最後の一秒まで全員が走り続け、6対0と勝利することができました!!
自力優勝まであと1歩のところまで来ることが出来ました!改めてサッカーとはチームスポーツで、仲間や応援してくださる方々と一体となって一つの目標に向け取り組むことで、最大の力を発揮し、感動を創造できると感じた試合でした。日曜の夜にも関わらず会場まで応援に来て下さった方、facebookで応援頂いた方、皆様ありがとうございました。

Procriarメンバーは前日のお祝いの席でも酒を我慢して誰も飲んでいませんでした。練習がない日もLineで自主トレの内容を共有したり、相手の分析から食事といったところもメンバーで情報を共有しあい、準備をしていました。そういった細かい積み重ねがこの感動的な勝利に繋がったのだと思います。
あと1試合、泣いても笑ってもあと1試合、ここで負ければ昨日の勝利も意味がありません。
最後の最後まで戦うチームをご支援頂けますようよろしくお願い致します。
あと一試合、勝利すれば3部優勝、2部昇格です。

次はいよいよ最終戦、次回は10月を予定しております。
正式な予定は決まっておりませんので決まり次第ご連絡差し上げます。

■CriacaoProcriar戦評

Procriarは立ち上がりから気合十二分、全てをこの試合にぶつけるような気迫でチーム一体となり、コミュニケーションとプレスで相手を寄せ付けない。前半の早い時間に丸山のドリブル突破がペナルティエリア内で倒されてPKの権利を獲得すると、中村が落ち着いて決めて1-0と先制した。Procriarは先制点に勢いづくと徳島、中村、石井の仕掛けから得点チャンスを演出し、徳島がゴールを奪って2-0と突き放す。前半20分、中村が(マラドーナを彷彿とさせるような)キレのあるドリブルで突破を仕掛けると自らシュートを放ち3-0で前半終了。
ハーフタイムにも激が飛ぶと、「死ぬ気でやろう」と全員が円陣を組んでさらに試合を盛り上げる。相手の時間帯もGK関が好セーブを連発して、ゴールを奪わせない。
そんな中、田中が難しいところからセンタリングを上げると徳島がヘッドで合わせてダメ押しの4点目を上げる。運動量に足がつって交代者も出たが、ラスト10分でまたも中村が個人技のドリブルで仕掛け、キレのあるシュートを決めると、その直後再度ドリブルで持ち込んだ中村から徳島への絶妙なアシストで6点目を献上し、試合は6-0で終了した。

試合終了後 得点後 得点後