サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2014.12.01 [MON]試合結果

感謝の気持ちを込めた逆転劇で3位入賞

ただただ悔しい。
1年間かけてきた全てが報われないという残酷な結果だ。
それでも今日は全員が最後の最後まで戦い続けることが出来たし敗戦を誰かのせいにしなかった。

積み上げて来たものが崩れたわけじゃない。
敗因はひとつひとつのセカンドボールやシュートの精度が足りなかったということだ。
自分達の甘かった部分が露呈されたんだ。

今日敗戦したあとロッカールームから出てきた時、拍手で迎えられた瞬間に一番涙がでた。
敗戦した自分達に最後まで暖かい拍手をくれた人達のために来年また関東を目指すんだという意思を見せられるような試合をしよう。

自分達の価値を証明するための良い機会として明日を戦おう。

TIU戦後に選手たちから聞かれたコメント。
こんな気持ちを胸に臨んだ3位決定戦Criacao対アルマレッザ飯能戦は2-1で勝利し本大会を3位で終えました。

関東昇格は果たせませんでしたが、昨日の敗戦後
「自分達がなぜ、何のためにCriacaoでサッカーをしているのか?」
その意味に立ち返り、応援してくれた全ての方の想いを背負って全力で戦いました。

その結果、土壇場で勝利を飾ることが出来、来期必ずこの場所に戻ってくることを誓いました。

■Criacao結果

昨日の、運動量とロングボールで仕掛けてくるTIUとはうって変わり、絶妙なパスワークで繋ぎのサッカーをするアルマレッザへの対応が後手になるCriacao。
前半8分に裏を突かれて1点を先制される。
その後も相手ペースで展開、左右へゆさぶりながら裏へ押し込んで来る相手にプレスが上手くはまらず耐える時間が続く。
しかし前半のロスタイム、数少ないチャンスのCKから混戦で原がゴールへ押し込み同点で前半を折り返す。
前半終了間際大杉に代えて、今期後半なかなか出番はなかったが最高の準備をし続けてきたMF大塚を投入。

後半になると動きの堅さもとれて徐々に本来のCriacaoの動きを取り戻していく。
高山、大塚がゲームをコントロールすると山口、原が高速プレスからシュートを放つ。
また、相手が疲労からファールがかさみ、FKの機会を得てゴールへ迫る。
それでも追加点を奪うことが出来ないまま90分で試合は決まらず、10分ハーフの延長戦に突入した。
選手達はリーグ戦が始まった頃には考えられないほどの体力と運動量で延長戦に入っても足をとめることなく果敢に攻め続ける。
後半延長戦に入ってなお得点が決まらない両チーム、PKへ入るかと思われた延長後半8分、
土壇場で山口が相手CBとの1対1を強引にタッチラインまでえぐり折り返したボールを村井が満身創痍の左足でシュート!
相手DFがブロックしたボールを原がスーパーボレーで押し込んで決勝点、
試合終了となった。

大人のサッカーをする強豪相手にも今期のCriacaoらしい粘り強く、最後まで走り切るスタイルで勝利し、結果3位入賞を果たした。

先制点の基点#11四宮選手 3位入賞