サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2015.04.13 [MON]試合結果

Criacao今期初勝利!Procriar初勝利ならず!!

昨日行われました東京都リーグ2部1ブロックのCriacaoProcriar対三菱養和SCは1-2で敗れ今期初勝利は次節持ち越しとなり、1部昇格を実現するには厳しい敗戦となりました。
同日19時から行われた、東京都リーグ1部Criacao対東大LBは2-0でCriacaoが勝利し今期初勝利を挙げました。

■CriacaoProcriar結果

開幕戦を2-2の引き分けでスタートし、1部昇格を実現するには絶対に負けられないと臨んだこの一戦。前半は高い位置からのプレスを積極的にかけ、相手得意のパス回しを消しながらショートカウンターでゴール前に侵入し多くのチャンスを作りながらもゴールを奪えない。DF陣もゴール前まで責められるも最後のところで跳ね返し、安定した守備を見せ一進一退のまま前半を0-0で折り返す。

後半からFW杉浦→中村とメンバーチェンジし再度前線を活性化して先制点を狙いにいく!試合が動いたのは後半18分過ぎ、中盤が少しずつ空いてきたスペースをうまく使われ、右サイドへの展開から最後はクロスをヘディングで合わせられ先制点を許す。前節同様先制点を奪われる厳しい展開になるも、森を中心に声を出し焦らずに同点ゴールを狙って立て直し始めたわずか5分後に、ペナルティーエリアの外でルーズボールに先に反応した相手に直接打ち込まれ0-2と厳しい展開になる。

それでも、MF田中→清水、MF宇治原→加藤と積極的に交代をすすめゴールを目指すと、コーナーキックからのこぼれ玉をDF高松が押し込み1点差に迫る。ここから試合はオープンな展開となりお互いにゴール前に迫るものの両チーム得点できずこのまま試合終了。
Procriarにとっては痛い敗戦となった。

1点を返した#33高松選手 試合終了後うなだれるProcriarの選手

■Criacao結果

Procriar同様開幕戦を2-2の引き分けでスタートし、優勝・関東2部昇格の目標達成に向け気持ちを新たに再スタートを切ろうと臨んだこの一戦は、テーマの高い位置からのプレスと攻守の切替を前半から徹底しCriacaoのペースで試合を進める。細かいパス回しや両サイドからの崩しで際どいシュートを放つも、キーパーの好セーブでゴールを奪えないでいると、セットプレーからゴール前フリーでシュートを打たれ最大のピンチを迎えたが、GK阿部がこの日の展開を左右したであろう超ファインセーブで防ぎきり、再び攻勢に出るも前半は0-0で折り返す。

後半もいい形の攻撃ができるもののなかなか得点に繋がらず我慢の展開が続く。前への圧力をさらに強めようと残り20分でMF大野→山口の交代を行ったその直後に先制点が生まれる。右サイドでボールを受けたMF原がドリブルしながら中に切り込み逆サイドの高橋へパス、相手DFを引き付けながらオーバーラップしてきた四宮にボールを送ると、そのまま左足一閃!ゴール左上に突き刺さるゴールで待望の先制点を奪う。
この1点で前に出るしかなくなった相手の積極的な攻撃でお互いに攻め合う展開となるも追加点がとれずにいたが、83分コーナーキックからの混戦をMF原田が押し込み追加点。スコアを2-0としこのまま試合終了!
今期初勝利をあげました。

先制ゴールを決め祝福される#11四宮選手 2点目をあげゆりかごダンスをする#46原田選手(右から2番目)