サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2015.0 8.31 [MON]試合結果

Criacao今期初黒星!優勝を逃し関東大会出場へ切替!

8/30(日)に行われましたCriacao対東京海上日動サッカー部は1-3で今期初黒星を喫し目標としていた優勝を逃しました。しかし、まだリーグ戦は2試合を残しており、最大の目標である関東昇格のためにも関東大会出場の切符を手に入れるためにしっかり切替、次戦の勝利を目指したい。

■Criacao結果

結果1-3 得点者:村井

約1ヶ月ぶりのリーグ戦となったCriacao。チームとして足りない部分の積み上げや、格上チームとの練習試合も行いしっかりこの試合に標準を合わせてきた。
一方の東京海上日動は前節の勝利で関東大会出場の3位以内を確定させ、今節で勝利すれば優勝が決まるという否が応でもモチベーションが上がるシチュエーション!両チーム無敗同士の対決でもあり絶対に負けれらない戦いである。
小雨模様の中始まった試合は、前から激しくプレスをかける特徴をもった両チームらしくボールがなかなかおさまらずどちらのペースとも言えずに激しい競り合いの応酬が続いたが、前半30分CriacaoのDFラインの裏へ出たボールにいち早く反応した相手FWを剣持がペナルテイーエリア内で倒してしまいPKを献上。
しかし、このPKをGK阿部がストップ!相手に寄った流れを引き戻すと、前半40分には大杉のFKから運上がヘディングで合わせるが、ゴールバーに嫌われ結局前半は互角のまま0-0で折り返す。
迎えた後半開始直後、前がかりに攻めに出たCriacaoの攻撃を東京海上日動が大きくクリアしカウンター、怒涛の勢いで後ろから 2人3人と飛び出して行き、ゴール正面フリーで受けた相手に豪快にミドルシュートを決められ、後半開始早々にビハインドを負ってしまう。
ただし、後半開始直後とあって選手に大きな同様は見られず、逆に目が覚めたのか攻めに出る回数も増え反撃に出る。しかし前がかりになったところをカウンターで前線に収められる回数が増えてくるオープンな展開になってくると、後半21分サイドに散らし中に折り返したボールを、密集の中からコースをついたシュートを打たれ失点。0-2とリードを拡げられる
いつもなら少しずつ相手の運動量が落ちてきてCriacaoのペースになってくる時間だが、最後まで集中を切らさずに闘ってくる相手に、後半40分にはセットプレーから3失点目を喫しほぼ試合を決められる。
それでも、最後まで諦めないCriacaoは、直後にFW村井のドリブル突破からPKを獲得しそのまま村井がこれを決めて1点を返す。
その後チャンスは訪れるも決めきれずにこのまま1-3で終了!今期初黒星を喫するとともに目標の一つであった優勝を目の前で決められてしまった。

残り2戦!関東大会の出場権を得るべくしっかり切替、最後まで全力で戦い抜きたいと思います。

試合開始前の円陣 渾身のヘディングシュートもバーに弾かれる#3運上選手 PKを獲得した#9村井選手