サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2016.06.07 [WED]試合結果

6得点、無失点で快勝!次につながる試合に

5日に行われたProcriar vs 第一三共サッカー部の試合は6-0で勝利しました。アップから全員で集中し、試合に臨むことができました。ここで満足せず、次戦以降も連勝できるよう頑張ります!

■CriacaoProcriar結果

Criacao Procriar 6(4-0、2-0)0 第一三共サッカー部

◆得点者◆
9分 Criacao(石井)
14分 Criacao(徳島)
32分 Criacao(村井)
40分 Criacao(村井)
74分 Criacao(加藤)
77分 Criacao(運上)

立ち上がりの良い時間帯から石井が裏に抜け出し、相手GKとの1対1を冷静にゴールに流し込み、先制点をあげる。得点をきっかけにチーム全体が活発になり、本来のProcriarらしさを取り戻す。
先制点をあげた5分後には、川井の芸術的なスルーパスから徳島が裏に抜け、難しいシュートではあったがゴール右隅に確実に流し込み2-0。その後も高い位置でボールを奪取できる時間が続き、積極的な村井の仕掛けからGKが一歩も動けないほどのスーパーミドルシュートが炸裂し3-0!この後も火が付いた村井が自身で獲得したPKをしっかりと決め4-0で前半を折り返す。

後半開始から田中に代わり下小牧が、後半7分には石井と代わって加藤が投入される。フレッシュな加藤が積極的に攻め込むもゴールを割れず、なかなか得点を奪えない時間帯が続く。後半24分には、徳島に代わり杉浦がピッチに送り出され、運動量でチームを盛り上げる。
すると後半34分、杉浦が右サイドを駆け上がり、質の高いセンタリングに合わせた加藤が5点目をあげる。相手の足が止まってきたこともあり、さらに全体がまとまりをもって相手陣内に攻め込む時間が増えた。川井にかわり投入された伊藤も冷静なプレーで小さなエリアをうまく使い、正確なパスをつないで中盤に落ち着きを与える。最後はコーナーキックから運上がうまく頭で合わせダメ押しの6点目。試合はそのまま終了し、無失点で勝ち切った。

全体を通して攻め込まれる時間帯もありましたが、決定的なチャンスを与えることのない試合展開となりました。ハイプレッシャーがはまっていたこと、良い時間帯に得点がとれたことでProcriarらしさをだせたと思います。この試合を忘れずに、またここで満足せずしっかりと目標を見据えて今週も頑張ろうと思います!

次戦まで少し間は空きますが、気持ちを切らさずに練習をしてまいります。応援ありがとうございました。次戦もよろしくお願いいたします!

第一三共戦前日練習_紅白戦 第一三共戦前日練習_実戦復帰した#23川井