サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2016.06.30 [THU]試合結果

Procriar点の取り合いも競り負け初黒星!

先週末に行われましたProcriar vs 東京ガスサッカー部は4-5という結果となりました。今季初黒星を教訓に次節以降どのように戦うかしっかり立て直したいと思います。

■Criacao結果

CriacaoProcriar 4(3-3、1-2)5 東京ガスサッカー部

◆得点者◆
5分 東京ガスサッカー部
13分 Criacao Procriar(運上)
16分 Criacao Procriar(村井)
32分 東京ガスサッカー部
35分 Criacao Procriar(田中)
40+2分 東京ガスサッカー部
48分 東京ガスサッカー部
61分 東京ガスサッカー部
73分 Criacao Procriar(村井)

一戦でも落とすと昇格が厳しい状況になってしまうという中で行われた第7節。試合開始早々、単純なミスから相手に裏を取られ、GKと1対1の状況から失点。その直後には山内が負傷し交代、と怪しい展開が続いたが、ここで流れが悪くなることはなく、自分達でペースを取り戻す。加藤のコーナーキックから澤穂希ばりのアウトサイドで運上が合わせて同点とすると、立て続けに徳島からの横パスを村井が冷静に決め、2-1と逆転!
しかし、前半31分には相手のセンタリングをヘディングで合わせられ、こぼれた所を決められ同点に。それでもそのわずか4分後の35分には加藤のセンタリングを村井が冷静に流し、最後はキャプテンの田中が決め、3-2とする。このまま前半を終えたいProcriarであったが、前半のラストプレーで不用意なファウルからFKを与えてしまう。フワリと蹴られたボールは、相手や味方がブラインドとなり直接ゴールに吸い込まれ失点。シーソーゲームの前半は3-3で折り返す。

気を引き締めなおし後半へ。なかなか点に結びつかない時間帯が続き、単純なミスから危険を招くシーンが何度も見られる。そして後半10分、またも相手FKから失点。ついに逆転を許してしまう。
全体的に疲れが見え始め、若い体力のある相手に対してセカンドボールなどが拾えず、さらに失点を許し、3-5。思うようにいかない中で、苛立ちからか相手選手とヒートアップする状況。最後まで点を取ることは諦めないProcriarは後半33分、杉浦からのボールを村井が決め、得点を決めるもこれ以上追加点をあげることはできず、試合終了。4-5で敗戦に終わった。

Procriarスターティングメンバー