サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2016.08.31 [WED]試合結果

プロクリ7勝目!次戦までの間で更なるレベルアップを

先週末に行われましたCriacao Procriar vs 丸紅の試合は4-0で勝利しました!次のProcriarの試合は9月25日…約1か月期間が空くことになりますが、その間に連戦ででた課題と向き合い、更なるレベルアップをはかります!応援よろしくお願いいたします。

■CriacaoProcriar結果

Criacao Procriar 4(2-0、2-0)0 丸紅

◆得点者◆
11分 Criacao Procriar(杉浦)
13分 Criacao Procriar(加藤)
52分 Criacao Procriar(加藤)
73分 Criacao Procriar(鈴木)

1部昇格というチーム目標を成し遂げる為、一戦も落とすことのできない追い込まれた状況の中での試合となった。
立ち上がり、チーム全体として少し守備攻撃共にバタつく時間帯はあったものの、前半早い時間帯での杉浦の先制点により、チーム内のちょっとした不協和音も払拭された。そのわずか2分後、田中のクロスの折り返しを高松が加藤に落とし、これを加藤が落ち着いてゴールネットに沈め、2点目を奪う。それからはチームも安定し、杉浦、伊勢のFW陣による献身的な前からのプレスによりProcriarの強みであるハイプレスがはまり、チーム全体でまとまった守備ができ、川井、伊東の安定したボランチのパスワーク、鋭いスルーパスにより攻撃にもリズムがでてきた。

良いリズムで前半を終え、迎えた後半は更に勢いを取り戻す。相手も何度かProcriarのゴールを脅かすも、DF陣の体を張った守備のおかげでピンチを切り抜けた。後半途中で田中に代わり石井が投入され、攻撃の活性化を図り、試合にクロージングをかけにいく。すると、後半中盤の時間帯にはFW、MFの繊細なパスワークで相手ペナルティエリア内にせまり、ハンドを誘いPKを獲得。これを加藤がしっかりと決め、3-0とする。その後、Procriarのペースのまま迎えた後半28分には加藤に代わり鈴木、35分には森に代わり吉住、杉浦に代わり下小牧が投入されると、下小牧、吉住は持ち前のファイティングスピリットを全面に出し、チームの為に体を張って戦う。鈴木は左足でキーパーの逆をつくミドルシュートを決め、試合を決定づける4点目とした。そして試合終了。4-0で勝利を収めた。

身体をはって守り、一方でどんどん積極的にチャレンジをし、4-0で勝利することができました。嬉しい7勝目ですが、暫定で2位。優勝のためには勝ち続けることが必要です。次節までの間、劇的な変化を目指し、全員で一丸となって取り組みます!

今節も応援ありがとうございました。
次節もよろしくお願いいたします!

CriacaoProcriarスタメン 加藤得点後、喜ぶ杉浦 石井 加藤