サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2017.03.28 [TUE]試合結果

開幕戦Criacaoはドロー、Procriarは杉浦の決勝弾で白星をあげる

26日に行われました東京都社会人サッカーリーグ戦はCriacao vs 八王子FCが1-1で引き分け、Criacao Procriar vs プログレッソ東京は2-1で勝利いう結果となりました。応援ありがとうございました!
次節は
4/2 Criacao vs 法政クラブ
4/9 Criacao Procriar vs FC STEAMとなっております。
こちらも応援よろしくお願いします!

■Criacao結果

Criacao 1(0-1、1-0)1 八王子FC

◆得点者◆
31分 八王子FC
68分 Criacao(恩田)

序盤は前線からのプレッシングで圧力をかけ、引き気味になる相手を尻目に、この試合でチームを離れてしまう副キャプテン岩﨑を中心にフィジカルコンタクトや競り合いのシーンで圧倒する。縦に速い攻撃を繰り出しながら、増田らが積極的にミドルシュートを放ち、序盤から八王子FCを追い詰めるものの、バイタルエリアより先が遠く、ゴールには至らない。八王子FCの若さと勢いで押し込まれる場面が多くなると、前半31分、右サイドの恩田と剣持の間を崩され失点。前半を0-1で折り返す。
後半、1点を守りきるためにブロックを引く八王子FC。反対に1点を追いかけるCriacaoは、後半開始から前線に岡本を投入して反撃を始める。岡本のタメを利用しながら、スペースをもらった増田がドリブルを仕掛け、中盤の底からは上原らがゴール前に駆け込み分厚く攻める。さらに長身の原田を投入し、サイドからのクロスで揺さ振りもかける。
すると後半23分、増田が蹴ったCKを恩田が右足で合わせて同点弾とする。そこからは次の1点を目指して互いにカウンターを繰り広げるが、運動量や攻守の切り替えで上回ったCriacaoが左右からクロスの集中砲火を浴びせては上原、岡本がエリア内でシュートに持ち込む。しかし八王子FCの最後の一歩が出るしぶとい守備で得点を奪うことができず1-1に終わり、Criacaoは4年連続で開幕戦ドロースタートとなった。

Criacaoスタメン

■CriacaoProcriar結果

Criacao Procriar 2(1-0、1-1)1 プログレッソ東京

◆得点者◆
38分 Criacao Procriar(石井)
52分 プログレッソ東京
79分 Criacao Procriar(杉浦)

今年こそ一部昇格を目指し、チーム一丸となって臨んだリーグの開幕戦。前半からピッチ状態の悪いなかで攻防が続き、Procriarは前線の伊勢、高橋を起点に攻め込む形が幾度となく見られた。守備では、CBの運上を中心に、土田の全体の統率をはかる指示や、下小牧の球際でのガッツ溢れるプレーで相手に攻め込まれるもピンチを幾度となく防いだ。そして迎えた前半38分。前線でボールキープをした伊勢からパスを受けた加藤が左サイドを突破し、センタリングをあげると中央にいた石井がダイビングヘッドで先制点を決め、1-0で前半を折り返す。
後半にはいり攻防が続く。しかし後半12分、チームとして一瞬のスキを与えてしまい、CKから相手FWに競り負け、1点を返される。その後、伊東がこの日2枚目のイエローカードをもらい退場処分となり、1人少ない状況で耐える時間帯が続く。
どうにか流れを変えたい一心で得点を挙げた石井に代え、怪我から復帰した杉浦を投入すると、杉浦は持ち前の運動量でチームを盛り返す。そして、同点のまま時間は過ぎ、この日2枚目の交代カードをきったProcriarは加藤に代わり田中が投入される。すると後半終了間際、土田からパスを受けた田中がダイレクトでゴール前にセンタリングをあげ、それに反応した杉浦が体を投げ出し勝ち越しの2点目を挙げると、これが決勝点となり2-1で勝利した。

いよいよ開幕したリーグ戦は初戦ということもあり、どちらも難しい試合となりました。
Criacaoは勝ち点3を奪えなかった現実を受け止め、今週末の試合で勝利するためにも切り替えて臨みます。また、Procriarは劇的な勝利となりましたが、次節もこの勢いにのれるよう頑張ります!
応援ありがとうございました。
CriacaoProcriarスタメン