サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2017.05.16 [TUE]試合結果

リーグ戦で初の連敗...決定機を決めきれず

14日に行われました東京都リーグ 第4節Criacao vs FC.OSSAは2-3で敗戦を喫しました。応援ありがとうございました。
次の試合は
5/21 Criacao vs HBO東京
5/21 Criacao Procriar vs Toshiba EGSです。応援よろしくお願いします。

[試合詳細]
Criacao 2(1-2、1-1)3 FC.OSSA
◆得点者◆
7分 Criacao(山本)
14分 FC.OSSA
32分 FC.OSSA
68分 FC.OSSA
81分 Criacao(原田)

前節の敗戦からチームの課題、個人の課題と向き合い前に進んできた1ヶ月。悪い流れを断ち切る為に前節から5人のメンバーを入れ替えた。
キックオフと同時に勢いを持って攻撃に出るクリアソン。2ndボールを中盤の山本と川井が拾い、相手の攻撃はCBの柴村と恩田がキッチリと攻撃の芽をつんでいく展開の中、山本の積極的な仕掛けと思い切りの良いミドルシュートが相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれ、前半7分に幸先の良い先制点を奪ってみせた。その後も勢いをもってFWの岡本、原田そしてサイドの中村、増田から何度もチャンスを作り出すが、中々決め切れない。すると前半14分、セットプレーから一瞬の隙を突かれて失点。1-1の状況でも慌てる事なく、攻勢に出るクリアソンに対して、しっかりと守り、カウンターを仕掛けるFC.OSSAだが守備陣の懸命なディフェンスによりゴールを許さない。しかしチャンスを作る中で決め切れずにいると、またしても前半32分にセットプレーから押し込まれて1-2とあっさり逆転を許してしまう。そのまま1点ビハインドの状況で前半を折り返す。

後半も流れが変わらずに押し込まれる場面が増えてくるがGK阿部のセーブによりピンチを凌ぐ。流れを変えるべく、左サイドの剣持、中村に替えて鈴木と池田を2枚投入。フレッシュな2人がどんどん仕掛け、攻撃に勢いが増したが、中々シュートまで持ち込めない。そんな中カウンターから一瞬の隙を突かれて失点。1-3と突き放される。
先ずは1点返そうと、先制点を奪った山本に変えてゴールへの嗅覚が鋭い大野を投入する。すると鈴木のロングフィードに原田が抜け出して1点を返す。ここから怒涛の攻撃を仕掛け、最後まで諦めずに何度もシュートを放つもあと1点が遠く、2-3のままタイムアップ。都リーグ1部戦初の連敗となった。
遠方で遅い時間帯の試合にも関わらず、多くの人々が応援に駆けつけてくださったのですが、勝利をともに味わう事が出来ずに悔しい思いでいっぱいです。公式戦2連敗を喫してしまいましたが、次節は今週末。立ち止まってる暇はなく、次節への準備が必要になります。必ず勝って喜びを皆と分かち合えるよう1週間準備します。
今節も応援ありがとうございました。
次節もよろしくお願いします!

Criacaoスタメン