サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2017.07.12 [WED]クラブ情報

Procriarは7発の快勝!Criacaoはロスタイムの失点で痛恨の4敗目

2日に行われました東京都リーグ 第8節Criacao vs LB-BRB Bunkyoは1-2で敗戦を喫し、第7節Criacao Procriar vs むさしのFCは7-0で勝利しました。応援ありがとうございました。
次の試合は
7/16 Criacao vs アストラ倶楽部
7/16 Criacao Procriar vs FCトリプレッタ
です。応援よろしくお願いします。

[Criacao試合詳細]

Criacao 1(0-1、1-1)2 LB-BRB Bunkyo
◆得点者◆
17分 LB-BRB Bunkyo
64分 Criacao(岡本)
90+5分 LB-BRB Bunkyo
前節、三菱東京UFJ銀行サッカー部に勝利し、連勝して上位に入り込む為の大事な一戦。
試合は立ち上がりから両者共にシンプルにロングボールを使ってゴールへと迫り、セカンドボールでの球際の戦いが続いた。向かえた前半17分、ゴール正面の好位置からのFKを見事に直接沈められ、相手に得点を許してしまう。Criacaoは、再び全員で意思統一をし、シンプルにFWへとロングボールを使い相手ゴールへと迫るが、決定機は作るものの相手GKの好セーブに阻まれるなど、チャンスをものにする事が出来ない。リードを許したまま0-1で前半を折り返す。
後半に入り、Criacaoはボールを奪われた後の切り替えの早さ、前線からの積極的なプレッシャーで少しずつ反撃を始める。すると後半19分、左サイドから鈴木崇があげたクロスに合わせた原田がニアサイドで粘り、岡本へラストパス。これを岡本が冷静にゴール隅に突き刺し同点とする。逆転を狙うCriacaoは勢いに乗り相手ゴールに迫るが、相手DFの体を張った懸命な守備に阻まれる。両者譲らず緊迫した時間が進む。終了間際の後半ロスタイム5分、相手の右サイドからのクロスを頭で合わせられバーを叩き、そのこぼれ球を押し込まれて2失点目を許す。直後に終了のホイッスルが響き、試合開始からロスタイムまでお互いに譲らず、気持ちと気持ちがぶつかり合う熱い戦いは1-2で敗戦となってしまった。

Criacaoはもう下を向いている時間は無い。
この現状をしっかりと受け止めて、次の試合に活かし、残りの試合を全勝する為、前に進んで行く。

Criacaoスタメン

[CriacaoProcriar試合詳細]

Criacao Procriar 7(2-0、5-0)0 むさしのFC
◆得点者◆
16分 Criacao Procriar(杉浦)
39分 Criacao Procriar(石井)
44分 Criacao Procriar(杉浦)
58分 Criacao Procriar(石井)
67分 Criacao Procriar(石井)
73分 Criacao Procriar(加藤)
80分 Criacao Procriar(加藤)
立ち上がりはProcriarの単純なミスもあり、相手にゴール前に何度も迫られる。しかし、ボランチの伊東の体を張ったスライディングで得点を許さない。前線では伊勢が体を張り、大杉が攻撃にリズムをもたらす。徐々にProcriarペースになった前半16分。杉浦が遠めから左足を振り抜き、先制点を決める。
その後なかなか追加点を奪えず、コーナーキックでピンチを迎える展開もあったが、前半終了間際の39分、相手の裏に走り込んだ石井がディフェンスを振り切り左足でゴールを揺らし、追加点。良い形で前半折り返し、2-0とする。
後半は相手の足が止まったこともあり、立ち上がりからProcriarが攻勢をかける。後半4分には杉浦が決めてこの日2得点目とすると、18分には伊勢の突破からチャンスを作り、最後は石井が押し込んでチーム4点目。27分には石井がディフェンスラインの裏に走り込み、冷静に流し込んでハットトリックを達成。
その後も途中出場の加藤が持ち前のシュートセンスを生かし、33分と40分に追加点を奪う。守っては最後までディフェンス陣が体を張り、無失点に抑えると7-0で試合終了。
攻撃陣の7発でむさしのFCに勝利し、1ブロック暫定2位とした。

CriacaoProcriarスタメン
W勝利を目指し戦った1日でしたが、Criacaoは黒星、Procriarは快勝という結果になりました。次節こそは両チーム揃って勝利し、互いに切磋琢磨していけるよう頑張ります!
今節も応援ありがとうございました。
次節もよろしくお願いします!