サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2017.08.15 [TUE]試合結果

3失点でリーグ戦6敗目。関東大会への可能性が潰える...

ご報告が遅くなりましたが、6日に行われました東京都リーグ 第10節Criacao vs CERVEZA FC 東京は0-3で敗戦となりました。応援ありがとうございました。
次節は
8/27 Criacao vs 三菱養和SC
8/27 Criacao Procriar vs 南葛SC
となっております。

[Criacao試合詳細]

Criacao 0(0-1、0-2)3 CERVEZA FC 東京
◆得点者◆
4分  CERVEZA FC 東京
52分 CERVEZA FC 東京
90+5分 CERVEZA FC 東京

前節の敗戦により関東大会出場が現実的に難しくなった中、わずかな可能性を信じて闘ったCERVEZA FC 東京戦。前節から3週間、1vs1や2vs2など強度の高い動きを90分間の中でどれだけ繰り返し行うことができるかをテーマにTRを積んできたCriacao。どんなに泥臭くても走りきって全員で勝利するという強い思いを胸に試合に臨んだ。
しかし、開始早々の3分、抜け出した相手を剣持がペナルティエリア内で倒してしまい、一発退場。献上したPKを決められ、先制を許す。10人となったCriacaoは、数的優位を生かしてじっくりとボールを動かし、追加点を狙う相手に対して苦しい展開となるが、途中でシステム変更をして対応しながら、全員が諦めず、攻守にわたり我慢強く闘い、0-1で試合を折り返す。

誰一人、勝負を諦めたものはおらず、絶対に最後まで走りきり、勝利することを仲間を誓い合って入った、後半。原田が競ったセカンドボールを拾い、相手ゴールに少しずつ近づきだした後半7分、山下のロングスローから相手ゴールに迫るが、クリアボールを拾った相手FWにスルーパスを出され、GK村下と1vs1。これを冷静に流し込まれ、Criacaoにとっては数的不利の中痛い2失点目。それでも、ベンチやスタンドからの声に背中を押され、とにかく全員でゴールを目指して闘い続ける。矢吹のコーナーキックからの岡本のヘディングシュート、中盤でボールを奪った中村のスルーパスに抜け出した原田のシュートなど、チャンスを作るも得点には至らない。
数的不利の中、攻めに出る分、手薄になる自陣ゴール前はDFラインを中心に身体を張って何とか守る。村下の好セーブや、山下のゴールラインギリギリでのカバーリングでゴールを死守。勝利を信じ、集中力を切らさない。
しかし、終了間際にDF上原が抜け出した相手を引っ掛けてしまい、一発退場。9人となったロスタイムにコーナーキックからヘディングシュートを決められ0-3で万事休す。
最後まで諦めずに闘ったが、悔しい今シーズン6敗目。関東大会出場の可能性は事実上なくなってしまった。

残り3戦。どんな状況であろうと自分達の101%を出し切って闘い続け、仲間や苦しい中でも応援し、支えてくれている方々と喜び合える瞬間を信じて、全員で前に進んでいきます。
応援ありがとうございました!
次節もよろしくお願いいたします。
Criacaoスタメン