サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2018.03.6 [TUE]クラブ情報

新体制発表会(2)チーム名変更について

先日の新体制発表会にて正式に今年度からのチーム名変更についてお話しさせていただきました。以下、あらためて変更についてお知らせいたします。

■チーム名変更について
今年度よりわれわれCriacaoは「Criacao Shinjuku」「Criacao Shinjuku Procriar」というチーム名に変更し、活動していくこととしました。

Criacaoというクラブは、フットボールの本質を追求していくことが世の中の豊かさに繋がると考えております。
フットボールは、脳から一番遠く、ミスの起こりやすい「足」を使うスポーツであるという特性から、仲間のミスを補うことができるような人間であること、また自分がミスをしないように努力することはもちろん、ミスをした時にも支えてもらえるような人間であることが大切な支え合いの競技だと考えています。
また11対11、審判、ピッチ環境、天候、監督、ベンチメンバー等の変数の多い中で、監督の指示を待つのではなく、自らが自立して決断をし、チームでその答えを出していくという、変化対応型の競技だと考えております。そしてボール一つで簡単にできるユニバーサルスポーツであること、そのような競技だからこそ、世界中で皆が繋がり合っているのだと考えています。

新宿区は人口34万人のうち、外国籍比率が12%。狭いエリアの中に都庁もあれば、大学もあり、多国籍の魅力溢れる街もあれば、歌舞伎町という街や戸山公園という緑多い場所もあるなど、多様性に富んだ世界屈指の区です。
そのような世界に名だたる新宿区が掲げる多様性を力に変え、自治をしていく"新宿力"というコンセプト。まさにCriacaoの目指している世界観と一致していると感じています。Criacaoはその新宿力の体現者として、新宿から世界一を目指していくことで、新宿区をはじめ、東京や日本、そして世界をフットボールを通じて豊かにしていきたい、そんなことを考えております。

我々はかねてから新宿区の子どもたちを対象にスポーツの普及活動や地域の小学校向けに放課後サッカー・フットサル教室の実施、ブラインドサッカーの普及活動等の活動を行ってまいりました。また新宿区サッカー協会にも加盟し、社会人連盟での活動をはじめ、協会の常任理事と理事にもメンバーを輩出しながら、新宿のサッカーによる街づくり、人づくりに寄与してまいりました。

新宿区と正式に提携している状態ではございませんが、新宿区サッカー協会とは連携して、活動を進めております。

これから本格的に新宿区を拠点とし、フットボールを通じて感動を創造し続けるという理念のもと活動してまいります。
何卒今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。
チーム集合写真