サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2018.06.20 [WED]試合結果

Criacao5得点をあげ勝利!交代選手の活躍も

18日に行われました都リーグ1部の第7節はCriacao Shinjukuが5-1で勝利しました。応援ありがとうございました。
次戦は
6/24(日)19:05 Criacao Shinjuku vs アローレ八王子 @筑波学院大学Tフィールド
7/1(日)11:15 Criacao Shinjuku Procriar vs むさしのFC @三菱養和会巣鴨サッカーグラウンド
となっております。応援よろしくお願いいたします。

CriacaoShinjuku試合詳細

Criacao Shinjuku 5(3-0、2-1)1 警視庁サッカー部

■得点者
13分 Criacao Shinjuku(山本)
43分 Criacao Shinjuku(石川)
45+2分 Criacao Shinjuku(原田)
49分 警視庁サッカー部
64分 Criacao Shinjuku(川井)
85分 Criacao Shinjuku(江幡)

前節の南葛との首位攻防戦の敗北からの一戦。何とか勝点3を積み重ねたいCriacaoはアップから全員で声を出し気合いの入ったアップをした。
試合序盤から右サイドを中心に相手に襲いかかる。何度もチャンスを作るが、なかなか得点が生まれない。焦れ始めるかと思われたが、前半13分。右サイドから相手を崩すと、左サイドの山本がペナルティエリア内でこぼれ球を技ありのヘディングシュート。相手のGKの逆をつき見事先制点をあげる。その勢いのままクリアソンはボールを保持して相手に襲いかかり、前半43分には2点目が生まれる。左サイドからペナルティエリア手前の斜め45度でボールを受けた石川が、トラップからシュートまでテンポよくコントロールし、サイドネットに突き刺し2点目をあげると、引き続きクリアソン主導のビルドアップから相手の隙を突きにいく。前半ロスタイムには、右サイドで石川からのスルーパスに抜け出した川井のクロスに原田が合わせ3点目。前半は終始ペースをにぎって試合を進め、3-0で終える。

後半はロングボール主体に変えた警視庁に押し込まれる展開に。早々に相手の浮き玉のスルーパスから一瞬の隙を突かれ失点してしまう。3-1となり、その後も警視庁に押し込まれる展開が続いたがDF陣が体を張ったディフェスで何とか凌ぐ。後半15分、FWの原田と岡本に替え矢吹と大和田を投入。すると交代選手のフレッシュさを活かしたCriacaoがボールを保持しながら徐々に押し込む。大和田が右サイドを突破しクロスをあげると、中で待っていた川井が素晴らしいジャンピンボレーで合わせ4点目。その後も右サイドから相手の背後を突くことを徹底し相手に襲いかかる。続いて伊勢、山下、江幡を投入し、さらに試合を優位に進める。後半30分、左サイドに入った伊勢の突破からクロス。これに積極的な攻撃参加でペナルティエリア内に侵入していた左SB江幡が合わせダメ押しの5点目。後半に失点し、相手に押し込まれる展開もあったがCriacaoが主導権を握り、5得点で勝利し今季5勝目を飾った。

5得点と勢いに乗れた試合ではありましたが、1失点が尾を引くかたちとなりました。次節まで時間はありませんが、全員でコミュニケーションをとり修正していきます!次節もAll Criacaoで戦い、勝利をつかみます。 

応援ありがとうございました!
次節もよろしくお願いいたします。
CriacaoShinjukuスタメン