サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2018.10.09 [TUE]試合結果

Procriarが苦しみながら勝利を掴むも、優勝の可能性が消滅

先日行われました都リーグ2部の第6節 vsRacing Club de Tokyo(延期分)はCriacao Shinjuku Procriarが6-0で勝利しました!わずかに残る優勝のために必死で戦い、掴みとった勝利ではありましたが、暫定首位にたつZION FOOTBALL CLUBさんが勝利したためProcriaの優勝の可能性はなくなってしまいました。応援ありがとうございました。
次戦は
10/14(日)18:30 Criacao Shinjuku Procriar vs 法政クラブ @法政大学城山サッカー場
となっております。
優勝の可能性はなくなってしまいましたが、自分たちが辿り着ける最高順位を目指して最後まで戦い抜きます。応援をよろしくお願いいたします!

[試合詳細]

Criacao Shinjuku Pricriar 6(0-0、6-0)0 Racing Club de Tokyo
■得点者
52分 Criacao Shinjuku Procriar(石井)
57分 Criacao Shinjuku Procriar(高橋亜)
61分 Criacao Shinjuku Procriar(杉浦)
70分 Criacao Shinjuku Procriar(西山)
71分 Criacao Shinjuku Procriar(西山)
80+1分 Criacao Shinjuku Procriar(高橋亜)

10月にも関わらず30度を超える気温のなかで行なわれた今節。優勝の可能性を信じ、大量得点を目標に掲げ臨んだ。
Procriarは前半の立ち上がりからハイプレスをかけ、ボールを奪い、ショートカウンターを繰り返す。しかし得点を決められない時間が続くと徐々にRacing Clubペースへ。キープ力のあるFW21番を起点にシュートまで持ち込まれるシーンも目立ったが、GK飯塚のファインセーブもあり、無失点で前半を折り返す。

ハーフタイムで改めて目標の大量得点を再確認し、後半に入った。Procriarは足が止まり始めた相手に対して猛攻をしかける。
後半12分高橋克からパスを受けた石井が冷静に左足でゴールへ流し込み先制点を奪うと、その後も圧力をかけ続ける。後半17分高橋亜が左サイドでボールを受けるとドリブルで切り込み、シュートを放ち2-0。さらには後半21分杉浦がこぼれ球を押し込み3-0。後半29分には山内、森、下小牧、西山の4人を一度にピッチへ送り込む。すると勢いをさらに増し、相手ゴールへと迫る。
交代わずか1分後の後半30分には、途中出場の西山がファーストプレーでループシュートを決め4-0。31分、大塚からDFラインの背後をつくボールを受けた西山が流し込み5-0。その後も攻め続け、アディショナルタイムの後半40+1分には高橋亜がGKとの1対1を冷静に決め6-0。1点でも積み上げるべく全員がゴールを目指し6-0で試合終了、勝ち点3を積み上げた。

自分たちの可能性を信じて勝利を掴み取った試合ではありましたが、この日のZION FOOTBALL CLUBの勝利により、今季2部リーグ優勝の可能性が消滅してしまいました。残り4節の取り組み方でProcriarの真価が問われます。全員の意思を統一し、最後まで戦い抜きます。応援宜しくお願いいたします!
今節も応援ありがとうございました。
CriacaoShinjukuProcirarスタメン集合写真