サッカークラブCriacao

ニュース |NEWS

2018.11.14 [WED]試合結果

6ゴールで勝利!チーム全員で掴んだ1勝

11日に行われました都リーグ2部 第12節はCriacao Shinjuku Procriarが6-0で勝利しました!応援ありがとうございました。
CriacaoShinjukuスタメン

[試合詳細]

Criacao Shinjuku Procriar 6(2-0、4-0)0 SFC東京
■得点者
4分 Criacao Shinjuku Procriar(田中)
32分 Criacao Shinjuku Procriar(杉浦)
55分 Criacao Shinjuku Procriar(石井)
57分 Criacao Shinjuku Procriar(西山)
64分 Criacao Shinjuku Procriar(高橋亜)
80分 Criacao Shinjuku Procriar(影山)

昇格の可能性がなくなったものの、残り2試合の勝利を掲げて挑む一戦は、19:15に船橋市法典公園グラスポにてキックオフした。

立ち上がりから前線に積極的にボールを配球し、Procriarが攻勢に出る。前半4分、田中の左足のミドルシュートがゴールに吸い込まれ、先制に成功する。このまま流れに乗るかと思われたが、その後は相手との一進一退の攻防が続く。しかし、足の速い相手FWに対し、CBの徳島、上原を中心にシュートまで持って行かせない。また相手は今季最終試合ということもあり、接触を巡ってお互いが熱くなるシーンもあった。すると前半32分、左からのクロスに杉浦がシュート。一度はGKにはじかれたものの、確実に押し込み、杉浦の今季10得点目で追加点を奪い、前半を2-0で折り返す。

後半に入ると、積極的に前線の西山、杉浦にボールを入れ、その落としからボールを保持し、フィニッシュまで持って行くシーンが増える。一方で、DFラインの高い相手に対し、オフサイドになってしまうシーンも増えてしまう。ここでシステムを変更し、サイドを起点に攻め始める。すると、後半15分に石井、後半17分に西山、後半24分に高橋亜が立て続けにゴールを奪い、一気に5-0とする。次第に足が止まってきた相手に対して、Procriarは走り続け、チャンスを増やす。終了間際の後半40分には影山がゴールを奪い、6-0で試合終了。6点をそれぞれ違うメンバーが得点をあげ、勝ち点3を積み上げた、

無失点なおかつ大量得点での勝利は今後に向けて大きな自信となりましたが、チャンス数に対する得点数は今ひとつだったと感じています。2週間後に控えるリーグ戦最終試合に向けて、大事な課題が見えてきましたので、しっかりと準備を最終戦に臨みたいと思います。
今節も応援ありがとうございました! 次節もよろしくお願いいたします。