CriacaoLogo

ニュース |NEWS

2019.03.27 [WED]試合結果

幸先のいいスタート!開幕戦は4得点で勝利

3月24日に行われました都リーグ2部 第1節はCriacao Shinjuku Procriarが4-0で勝利しました。次節は【4月7日(日)17:10キックオフ vsFC.Griffin東京】です。
応援ありがとうございました! CriacaoShinjukuProcriarスタメン

[試合詳細]

Criacao Shinjuku Procriar 4(2-0、2-0)0 FLUTTO-FLUTTO
■得点者
1分 Criacao Shinjuku Procriar(杉浦)
34分 Criacao Shinjuku Procriar(上原)
61分 Criacao Shinjuku Procriar(石井)
79分 Criacao Shinjuku Procriar(杉浦)

ついに開幕した、2019シーズン。今年からチームの体制が変わり、一人一人が創り上げて来た新生Procriarの初陣を迎えた。
キックオフ直後に試合が動く。
積極的なプレス、前へ前へとボールをつなぎ、左サイドの渡邊(新加入)からゴール前の杉浦へ縦パスが入る。素早く反転しドリブルで突破すると、左足でゴール右下に流し込み、幸先よく先制点をあげる。その後も勢いに乗り、何度か惜しいシュートまで持っていくも追加点にはならず。徐々に攻め込まれる時間が増える。相手のセットプレーで何度かピンチを迎えるも、ディフェンスラインを中心に体を張って跳ね返し、得点を許さない。
前半34分、右サイド石井の突破からフリーキックを得る。ディフェンスラインの間にふわりと落としたボールを上原が右足インサイドで合わせて、待望の追加点!2-0で前半を折り返す。

後半もゆるめずいこうと気合を入れ、後半キックオフ。
ハーフタイムでのミーティングで合わせた通り、サイドハーフを起点に何度も攻めるが、得点には至らず。前半と同様に中盤で激しい攻防となるが、大塚、下小牧の球際の強さで主導権を渡さない。攻める時間が続く一方、カウンターでピンチを迎えるシーンも目立つようになる。
膠着(こうちゃく)状態の中、後半21分。中央にポジションを取っていた石井が突破し、パスを選ばず 思い切りのいいミドルシュートを放つと、ゴール左隅に突き刺さる。その後、技術のある若杉(新加入)や大杉を投入し、さらなる追加点を狙う。3-0で終わるかと思われた試合終了間際、右サイドを突破した石井からゴール前の杉浦へボールが通り、反転しながらのシュートを決め4-0。
試合終了のホイッスルが響き、リーグ開幕戦に勝利した。

ALL Criacaoとしての2019シーズン初戦でもあった今節は、4得点無失点で勝利という結果でした!
勝利を喜ぶ一方で、Procriarとして残り12試合を勝ち抜くだけの力をもっともっとつける必要があると感じる試合にもなりました。
次節はCriacaoの開幕戦と同日開催となります。ダブル勝利できるよう、今節の反省をいかして勝利を狙います!

応援ありがとうございました!
次節もよろしくお願いいたします。